海上保安官OBが語る「使命感とはなんだろう」 その世界観

---広告---

軍艦島

海難救助に従事している海上保安官は、使命感を持って働いています。

わたしもそうでした。

海難救助や人命救助に当たるときは、必ずと言って良いほど自分も危険な目に遭います。

遭難している人は、危険な状態だから遭難しているので、助けに行く方も同じような状況になることがあるのです。

辛いときもありますが、そんな時にわたしの心の支えになっていた文章をご紹介します。

 

【広告】

海難救助

24時間、365日、いつ勤務に呼び出されるかわかりません。勤務先は都会から遠く離れ、生活に不便な場所であることがあります。
身体を酷使する、きついしごとです。油や水で全身汚れかねません。危険を伴う仕事であるのに、賃金はさして多くはありません。しかし、私達の仕事は人の命を救う仕事です。

これは、確かイギリスの海難救助隊(民間組織)の言葉だったと思います。

どこかの雑誌で見かけ、コピーして免許証入れの中に入れています。

ここに書いてあるように、いつ呼び出されるか判らないという漠然とした不安は、在職中いつもありました。

1度呼び出しを受けると、その事件・事故が一段落するまで帰ることができません。

今は、乗組員を増員するなどして軽減されましたが、わたしが、巡視船艇船長をやっていたときも、その周辺にはその1隻しかおらず、休養日や昼夜関係なく呼び出されて事件処理に当たりました。

もちろん、税金で俸給を貰っているので当たり前ですが、子供と遊ぶ約束をしていても、突然の呼び出しでキャンセルしたり、何日も帰ることができない日があると、そこは人間なので辛かったですね。

そんな時は、この言葉を思い出して気合いを入れていました。

 

まとめ

海難救助の最中は、「何とか助けなきゃ!」という想いが強くて、あまり怖いと思った記憶はありません。

アドレナリンが全開でした。

もちろん、万全の注意を払って救助に当たりましたが、結果的に自分の身を危険に晒すかもしれません。

しかし、「もし目の前の人を助けられなかったら、一生後悔する!」という気持ちでやっていたような気がします。

そして、人命救助は人間の持つ本能なんじゃないでしょうか。

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

海上保安庁とは?元海上保安官の管理人が説明します

2017.04.24

メタルの前の職業・過去についてお話しします

2017.04.18
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

本業はコーチ・カウンセラー

 

メルマガ始めました
バックナンバーは公開しませんので、登録はお早めに
▼こんな内容になります。

メルマガ発行中

2017.02.14
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム
*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。