「伝え方が9割」ブロガーなどライティングが上手くなりたい人は読むべき本

---広告---

伝え方が9割

伝え方が9割」この本の存在は、まえまえから知っていたんですが、なかなか手に取る機会がありませんでした。

この前書店をぶらついていて、見つけて見てみたところ、わたしが最近悩んでいるライティングのヒントがいっぱい!

ヒントというよりも、作り方が具体的に書かれていてとてもいい!

参考書としては、最高の部類です。

 

【広告】

著者

著者は、コピーライターの「佐々木圭一」さん。
世界的なコピーライターの他作詞家としても有名なようです。

この佐々木さん、大学院卒業後に有名広告代理店へ就職してそうですが、文章を書くことが下手で苦手。
過食症にもなりながら、あるときコピーライティングの法則に気がついたとか。

この再現性の高い法則に則ってこの本は書かれています。

 

お願いするときのポイント

最初の方は、伝え方の原理原則。

わたしも含めて、かねがね日本人って自分の意見や感情・考えを伝えるのがとっても下手だなと思っています。

これはコミュニケーションの基本なので、しっかりと押さえておきたいですね。

なにか「お願いするときの基本」は、相手の立場に立って考えること。

そして、相手をねぎらい、相手のメリットを先に考える。

そうすることによって、こちらのお願いをOKしてもらえる確率が上がる。

そう聴くと「当たり前じゃないのか?」と思ってしまいますが、みなさんは職場の後輩や部下、家庭で家族にお願い事をするときに意識してやっていますか?

身近な人だからこそ、意思疎通は欠かしたくないですね。

 

テクニック

原理原則の次が、具体的にどんな技法があるかの解説です。

例を挙げて解説しているので解りやすい。

例えば、

  • 記録に残るより、記憶に残る選手
  • 事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きているんだ

など、これはある法則に則って作られているんです。

なので、この法則さえ理解で切れば、誰でも再現性のあるコピーライティングができます。

その中に書かれている5つの技術とは、

  1. サプライズ法—簡単だけどプロも使っている技術
  2. ギャップ法—オバマ氏、村上春樹氏も使う心を動かす技術
  3. 赤裸々法—あなたの言葉を、プロが書いたように変える技術
  4. リピート法—相手の記憶にすり込み、感情をのせる技術
  5. クライマックス法—寝ているひともめを冷ます、強烈なメッセージ技術

です。

どれもこれも、再現性があって今すぐ使えます。

またそれぞれにエクササイズも付いていて、練習できるのもいいですね。

 

まとめ

この他にも長文の中でどう使うか?などヒントや事例がいっぱい載っています。

ブロガー、アフィリエイターはもちろん、FacebookやTwitterなどSNSで注目を浴びたい、「いいね」やコメントがいっぱい付く投稿をしたい方にもオススメです。

Written by メタル(@Metal_mac

 

続編もある

 

メタルのおすすめ関連記事

「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」付箋でピックアップ

2017.03.12

エニアグラムで救われた!人間関係で悩む人の性格診断

2015.12.02

自分が変われば他人も変わる -自分の小さな箱から脱出する方法-

2016.01.20
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

Points of You®ワークショップ開催中
メルマガ始めました
バックナンバーは公開しませんので、登録はお早めに
▼こんな内容になります。

メルマガ発行中

2017.02.14
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム
*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。