Hallo!iMac Pro。新しいMacの時代が来るのか!?

---広告---

iMac

WWDCでいろんなハードウエアが発表されました。

iPad Proもいいんですが、やっぱりiMac Retina 5Kディスプレイモデルの上位モデルとして発表された、iMacProの誕生が嬉しいです。

 

【広告】

iMacの歴史

わたしは、家電量販店で初代ボンダイブルーのiMacで、始めてMacを触って感動しボーナスをはたいて購入しました。

なので、iMacという機種は、特別な思い入れがあります。

同時に、スティーブ・ジョブズがAppleを立て直すために世に放った傑作だとわたしは思っています。

スティーブ・ジョブズが帰ってきたときのMacのラインナップは、グチャグチャで整理されておらず、在庫管理もままならない状態だったとか。

それを、ジョブズは4つのカテゴリーに分けて、シンプルにしました。

  • コンシューマ向けノートブック=iBook
  • プロ向けノートブック=PowerBook
  • コンシューマ向けデスクトップ=iMac
  • プロ向けデスクトップ=Power Mac

の4種類。

ジョブズが帰ってきた頃は、経営難でiMacが売れなかったら確実に潰れていたでしょう。

だからシンプルにまとめ、在庫を極力減らしたというのもあります。

それからAppleが復活し、IntelMacになり、MacOSXになるうちに、ちょっとずつこの図式が崩れてきました。

 

VRの時代が来た

今回のiMacProの登場は、VR(バーチャルリアリティ)のハードウエアが花盛りの時代に合わせるためでしょう。

今のiMacでは、グラフィック面でこのトレンドに乗れないと判断したんでしょうね。

これで、Apple全体としても新しいラインナップになって、ちょっとスッキリしたのかもしれません。

  • コンシューマ向けノートブック=MacBook
  • プロ向けノートブック=MacBookPro
  • コンシューマ向けデスクトップ=iMac
  • プロ向けデスクトップ=iMac Pro
  • コンシューマ向けiOSデバイス=iPad
  • プロ向けiOSデバイス=iPad Pro

業務ユースのMac Proは別として、こうやってみるとMacminiMacBookAirの立ち位置が微妙だな〜。

 

まとめ

もうこれだけ、Macが普及してきたのでWindowsからの乗り換えを促進するために誕生したMacminiと小型軽量の座をMacBookに譲ったMacBookAirは存在がどんどん薄くなってますね。

もうそろそろ引退させてあげた方が、武士の情けかも…

そして初代iMacの時とは違い、Macを持っているのが珍しくなくなった現代。

昔のMacユーザーにとっては、夢のような時代です。

Written by メタル(@Metal_mac

 

 

メタルのおすすめ関連記事

MacのUS(英字)キーボード使うなら英字・かな入力切り替えアプリは外せない

2016.11.17

Macを使ったフリーランスの仕事時間管理術を一挙公開

2016.07.26

Macで音声入力は実用的か? macOSにSiri到来-音声入力の設定方法と使った感想-

2016.07.14
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

54歳で脱サラして新しい生き方を探しています。 4人家族に愛犬(柴犬)りゅう太1匹 Apple製品の使いこなしや、話題を追いかけたり、伊勢志摩でユーザーグループを主催して活動してます。
心理カウンセラー・コーチ