ドライブ中でも読書できる方法

---広告---
読み上げ機能


ドライブ中って何をしてます?

例えば、車での通勤時はほとんどの人が、ラジオを聞いていたり、ポッドキャストや音楽を聴いたりしていると思います。

だけど、iPhoneiPadなどのiOS機器の読み上げ機能を使うと、画面に表示されているテキストを読み上げて貰うことができます。

つまり、本を読んで貰うことができるんです。

この機能は「一般アクセシビリティ画面の読み上げのをONにする必要があります。

 

【広告】

画面の読み上げ

 

これを設定して、画面を2本指でスワイプ(撫でる)とiBooksやKindle本などを読み上げてくれます。

時々、「通知」がシャッターみたいにガラガラって降りてくるけどね。(^_^;)

スワイプで読み上げ中

ウサギさんをタップすると、読み上げ速度が速くなり、亀をタップすると遅くなります。

読み方は、完璧じゃなくて時々音読みと訓読みを間違えたりしますが、想像が付く範囲なので大丈夫です。

読み方を指定もできるので、徐々に育てていくこともできます。

そして、ページ送りもやってくれますから、放っておいてもどんどん読み進めてくれますよ。

 

まとめ

結構使える機能で、ドライブ中も本を読み上げて貰っています。

本を広げられないくらい混んでいる電車の中でも、ヘッドフォンで本を聴くことができます。

単純ですが、アイデアしだいで使い方が広がりますよ。

Written by メタル(@Metal_mac

Kindle

Kindle (無料)
(2018.03.17時点)
posted with ポチレバ

 

【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム
*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。