横の関係で繋がれば人は幸せに生きられる

---広告---

双子

社会に出てから、ずっと心の底にあったような気がします。

自分の子供ができたときもそうでしたが、1人の人間として育てていきたいと思っていました。

これは、会社の人間関係でも同じ。

上司部下の関係であっても、同じ人間同士の信頼関係を大切にしたいと思っていました。

 

【広告】

横の関係

自分が子供の頃、虐めに遭っていたからなのかもしれませんが、上下関係ってなんだか窮屈で仕方が無かったのです。

上司と部下、先輩と後輩という関係であっても、対等の立場で付き合いたいと。

米軍キャンプに出入りしていた若い頃の知人が、こう言っていました。

「仕事中の彼らは、規律を重んじる軍隊なので上司と部下の関係を保つが、仕事以外の時には仲の良い者同士お互いがファーストネームで呼び合う友人の関係になる。」

これが横の関係だと思うのです。

例えば、会社の中「社長」「部長」「課長」「係長」という階層があったとしても、それは単に会社の中で役割が割り振られているだけ。

人間的に「部長」が上で、「係長」が下というわけじゃない。

役職は、ただの芝居の役なのだ。

そんな感覚。

 

価値観

これも1つの価値観なのかもしれませんが、上下関係に縛られるのか、1人の人間として対等に付き合うのか、人間関係ってどっちが生きやすいでしょうか?

「しょうがないよ」「難しいよ」と諦めてしまうのは簡単ですが、それでは幸せを放棄したことになります。

もし、あなたも同じような価値観を持っていたら、まず自分が他の人と横の関係で繋がろうとする。

そうすると、少しずつでしょうが世の中が変わっていくと思います。

 

アドラー心理学

わたしが、パニック障害やうつを患っているときに、アドラー心理学に出会って心が楽になりました。

学んでいくうちに、この「横の関係で繋がる」というところが、自分の価値観とピッタリと一致したのです。

だから、引き寄せられたのかもしれません。

アドラー心理学は、人間はどうやったら幸せに生きることができるだろうか?

を追求した心理学です。

そのアドラー心理学の幸せの三条件は、

  • 自分が好き
  • 他人が無条件で信頼できる
  • 自分が属するコミュニティで貢献できる

この貢献できる、貢献しようと思えるのは、やはり横の関係で繋がったときだと思うのです。

 

まとめ

こうやって考えると、自分がアドラー心理学にどっぷりとハマったわけが解ったような気がします。

どれが正しいか、間違いかじゃない、どの考え方が良いか悪いかじゃない。

どんな関係、考え方、価値観だったら人は幸せを感じることができるだろうか?

そんな視点から、人間関係を観てみると、いろいろ気が付くのかもしれません。

どうして、会社の人間関係より、趣味で繋がった人達と繋がった方が楽しいか。。。etc

Written by メタル(@Metal_mac

 

【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!