57歳の誕生日、ここに居るだけで奇跡の存在

---広告---

孫太郎
今日は、わたしの57歳の誕生日だった。

みなさんから、Facebookなどでお誕生日のお祝いのメッセージをいただいて、メチャクチャ嬉しかった。

メルマガでも書いたが、57年間も生きることができたって、凄いことだと思う。

 

【広告】

このブログを読んでくださっているのは、若くてもこの世に産まれて10年以上は経っているだろう。

どんな人間でも産まれたときは赤ん坊だ。

1歳5ヶ月の孫と遊びながら、改めて思った。

孫は泣いたり笑ったりするだけで、生産性のあることは何もできない。

しかし、周りの大人達が一生懸命育てる。

オムツを替え、ご飯を食べさせ、風呂へ入れる。

迷惑のかけっぱなし。

でも。孫を見ていると、周りの大人達に何をするわけでもなく、ただ泣いたり笑ったりするだけ。

当然、感謝もしない。

それでも愛されている。

ただそのままの存在だ。

孫太郎

 

まとめ

孫が愛されているように、わたしを含めみんな愛されて育った。

どんな過去があれ、誰かが服を着せてくれて、ご飯を食べさせくれて、だから今を生きていられる。

誰かがあなたを愛して育てたのは紛れもない事実だ。

その誰かがいなかったら、今はなかったのだ。

ただ、あなたは孫と同じように何もできなくても、今も生きているだけで、十分価値のある存在だし、奇跡なんだということを忘れないで欲しい。

それが、一生懸命育ててくれた人々の恩恵に報いる唯一の方法だと思う。

改めて、たくさんのお祝いありがとうございました。<(_ _)>

Written by メタル(@Metal_mac

 

【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!