うつやパニック障害だけじゃないサラリーマン時代の病気

---広告---

Points of You®

海上保安庁に務めていたサラリーマン時代うつやパニック障害を患ったことが、心理学を学んでカウンセラーやコーチになる動機になった。

しかし、中高年から自分の道を歩きたい方のための再起動計画セミナーではお話ししたが、実はこれだけじゃ無くサラリーマン時代の病気はもっと他にもあったのだ。

 

【広告】

急性胃炎

急性胃炎は、40半ばの時だったか、1年おきに3回発症した。

この急性胃炎は、発作が起きると三日三晩何もできないぐらい胃が痛い。

胃袋を誰かにギューッと握られたような痛みが続く。

寝返りを打つのも痛いので、じっと寝ているしかない。

病院へ行っても特に治療法が無いらしく、点滴を打って貰って終わり。

もちろん、食べ物も喉を通らないから、水を飲むのもやっとだ。

症状が治まるまでは、ゼリー状の食べ物も全部吐いた。

だから、吐くモノが無くなると、胃液まで吐いた。

船に乗っていて、一番辛いのは船酔い。

船酔いは、胃液しか吐くモノが無くなった時が一番辛いので、吐いたら水を飲むかシャキシャキした林檎を囓ったりするのだが、それもできないのでとっても辛かったのを覚えている。

発症すると3日間飲まず食わずなので、体力もなくなり症状が回復しても1日2日はふらふらの状態が続く。

言うまでも無く、ストレスが原因。

 

中心性網膜症

眼球の網膜にシワがよって見えなくなる病気。

私の場合は、右目のど真ん中にシワがよったようで、ある日テレビを見ていると何だか見え方がおかしい。

右目だけで見ると、なんとTVの枠は見えているのだが、画面だけが真っ暗で何も見えない。

びっくりして、病院へ行くと「網膜症です。ストレスが原因ですね」と言われた。

よくある治療法は、レーザー光線で網膜のシワを焼くそうだが、私の場合は薬で盛り上がりを平坦にした。

日常生活には支障の無い程度まで回復したが、シワが完全には無くなっておらず、今でも右目の中心部だけはボンヤリして見えにくい。

だから、写真が趣味で右目で一眼レフのファインダーを覗いていたのだが、ピントが合っているかどうかも解らないので利き目を左目に変えた。

 

ストレスによる肥満・高血圧など

船に乗っていると、狭い船の上で何日も過ごすし、運動不足の上に楽しみが食べるぐらいしか無いのでたいてい太る。

だから、運動不足と食べ過ぎで意識して運動しないと船の上は「養豚場」と化す。

私も肥満に伴う高血圧で大変だった時期がある。

今思うと、あの高血圧の原因は肥満もあるが、当時職場の雰囲気がとても悪かったのでストレスによるものだったと想像できる。

その時は、わたしもうつとパニック障害が酷く、結構辛い時期だった。

 

病気はストレスが産む

サラリーマンを卒業して2年になるが、一度腰痛で病院へ行ったが、その他は風邪を引いたことも無ければ、インフルエンザにかかったことも無い。

同じく50代でサラリーマンを辞めた人に訊いたところ、やはり「辞めてから体調が良くなった」と言っている。

カウンセラーだから、全部心の問題にするわけじゃ無いが、病気はストレスによるものが大きいと思う。

アフィリエイトをやっていたときに、サプリメントを売るために健康についても勉強したが、腸内環境が悪いと免疫力が落ちるとのことだった。

そして、同じように免疫力を落とす原因となるのがストレス

ストレスが多いほど、免疫力が低下して病気になりやすくなる。

周りの人をよく見て欲しい。

普段から愚痴が多い人ほど、体調が悪いものだ。

愚痴を多くいう人の中に、健康的で活発な人を見たことがない。

 

まとめ

不幸自慢をしたいわけじゃない、サラリーマンは、何かとストレスを溜めやすい環境だという認識を持って欲しいのだ。

満員電車の通勤(スクランブルで飛行中の戦闘機パイロットと同程度のストレスらしい)だったり、職場の同調圧力だったり。

今考えると、あの時代はストレスまみれだったのがよく解る。

だけど、ストレスは自分自身で作り出すことがほとんど。

だから、見方を変えることによってストレスは無くせるし、視点を変えることによって、同じ出来事でも違う意味を持つということだ。

もちろん、心理学を学んだから解ることだけど。

ひとつ、覚えておいて欲しいのは、ダメ出しをすると、出された方は勇気が挫かれてますますダメな人間になるということ。

特定の人間にダメ出しをして、職場全体でダメ人間を育てている職場がかつての職場でもあった。

他人にはもちろん、自分にもダメ出しを止め、良い出しをしてみませんか。

Written by メタル(@Metal_mac


そんな視点を変えてストレス軽くするワークショップを仕事帰りに。
お申し込みはこちら▼

 

【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

54歳で脱サラして新しい生き方を探しています。 4人家族に愛犬(柴犬)りゅう太1匹 Apple製品の使いこなしや、話題を追いかけたり、伊勢志摩でユーザーグループを主催して活動してます。
心理カウンセラー・コーチ