質問:同情と共感における男女の違いはわかりますか?

---広告---
reflection


男ばかりの世界にいると共感することもされることもほとんど無い。

こんなことを書くと、女性に非難を浴びそうだが、男はまず理屈で相手を理解しようとするのでそうなってしまう。

女性と気持ちのズレが生じるのはこのためだ。

 

【広告】

同情は上下関係

なぜ、男同士で共感することが少ないか、というと男同士は、常に上下関係を意識するからだ。

そして、上下関係がハッキリすると安心する傾向がある。

わたしはあまり好きじゃないが、これは本能かもしれない。

太古から、狩りをするのが使命だった男は、常にみんなが協力して狩りをした。

その際は、この上下関係がハッキリしていないと、指揮命令系統に歪みが生じる。

船頭多くして船山に上る」といわれるように、リーダーが複数いるとその集団は統率が取れないからだ。

だから、自衛隊や海上保安庁、消防、警察など集団で仕事をしなければならない組織は、この上下関係が非常に大切になってくる。

これが崩れると、全滅の恐れもある。

だが、平和は日本では、通常の人間関係において全滅する恐れはない。

 

共感と同じような言葉で同情というのがあるが、これと区別が付かない男性も多いんじゃないだろうか?

こちらは、共感とは違って、こちらは上から目線で相手を見下している場合だ。

すずちゃんも、同情じゃなくて共感されたのであれば、こういう反応はしなかっただろう。

 

共感は横の関係

それに対して、共感は横の関係である。

気持ちにより添い、話をとことん聴く。

実は、人間共感してくれない相手には、本音をなかなか話せない。

上司が、どんなに良いアドバイスしても、共感して貰えないと部下は心を開かないのだ。

そして、共感して貰えるから、また頑張ろうという意欲が湧いてくる。

女性は、この共感能力が高いため、カウンセラーやコーチなどの対人支援に向いている場合が多い。

女性同士の会話を聞いていれば、解るとおり共感の連続だ。

 

まとめ

こんな解った風なことを書いたが、わたしも男なのでこの共感を意識していないと、つい忘れてしまうことがある。

今日は、そんな「気づき」があった。

女性の相談に乗っていて「あなたは私の言うこと全然聞いてない!」と切れられて、口をポカンと開いたことのある男性は、そういうことなのだ。

アドバイスを求めているわけじゃなくて、求めているのは共感なのである。

男性は女性にできるだけ共感し、女性はあまり男性に共感を求め過ぎないようにするのが、仲良くする秘訣なのだと思う。

Written by メタル(@Metal_mac

 

【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

54歳で脱サラして新しい生き方を探しています。 4人家族に愛犬(柴犬)りゅう太1匹 Apple製品の使いこなしや、話題を追いかけたり、伊勢志摩でユーザーグループを主催して活動してます。
心理カウンセラー・コーチ