うみざるの訓練には2種類ある

---広告---



海上保安庁にいた頃は、潜水士をしていたこともあり、警備救難部の中で主に救難関係を担当していた。

救難、つまり海上で起こる様々な事故から船や人を救助する専門家として関わっていた。

まあ、映画海猿を想像して貰っても構わないが、あんな無茶をしていたら命がいくらあっても足りないとだけ、覚えておいて欲しい。

あれはあくまで空想の世界だ。

そんな海難救助に欠かせないのが、訓練である。

一口に訓練といってもいろいろあるが、大きく2種類に分かれる。

 

【広告】

展示訓練

いわゆる一般にも公開される展示訓練と呼ばれるもの。

巡視船艇や航空機がやってきて、派手にショーアップされた訓練だ。

よくあるのが、船の衝突事故などが起こったと想定して、怪我人をヘリで吊り上げ救助をしたり、火災が発生したとの想定で放水などをする。

あれは、完全にショーなので、シナリオがあってその通りに進行する。

一発勝負の時もあるが、観閲式など大きな訓練になると、たいてい事前にリハーサルも行われ、分単位・秒単位で船や航空機が動く。

マスコミお知らせがいくアピール性(実はそれが目的)が高いもの。

そんな訓練のシナリオを書くのも仕事だった。

 

本気の訓練

こちらは、普段行われる訓練で、非公開で何度も繰り返し行われる。

わたしが辞める前は、業務が多角化していてなかなか訓練の時間を取れなかったが、基本的な訓練を船単位、部署単位で繰り返し行う。

例えば、曳航訓練、航行不能になった船をロープで引っ張る訓練である。

やっていることは、故障車の牽引と同じだが、船の方が圧倒的に難しい。

というのも、大きさも重さ(質量)も様々だからだ。

なかなか文章で説明するのは難しいが、何千トンもある船が長さ数メートルのプレジャーボートを引っ張るのは、とても神経を使う。

質量が違いすぎるので、うかつに引っ張るとプレジャーボートを壊しかねない。

しかも、船は潮流や風、波の影響を受けるので、安全確実に曳航するには、船の運航と現場の操作が連携を密にして、作業に当たる必要がある。

ダンプカーが、三輪車を引っ張るのを想像していただけると解りやすいだろうか。

ダンプカーが普段通りに走ったら三輪車はひとたまりも無い。

その三輪車に子供が乗っていたとしたら。。。

わたしの現役時代に、約5千トンの巡視船で19トンの漁船を曳航したことがあるが、神経を使ったのを覚えている。

 

もっとシビアな状況の潜水訓練は、本気でやらないと事故が起きる。

これも様々な訓練があるが、特にどんな状況になっても訓練者の安全を確保できるように万全を期す。

バックアップ体制が万全でないと、訓練者が自分の身が心配で、自分の限界まで実力を発揮できないからだ。

人間は、守られていると実感できたときに、勇気を振り絞ることができる。

この手の訓練は、自分の限界を見極めるのも大きな目的だ。

「これ以上やると自分の身が危険だ」「これくらいならまだ余裕がある」

そんな限界点を見極めるのが重要になる。

なぜなら、臆病すぎて安全側に偏れば、救助できる人をみすみす殺してしまうことになるし、自分の限界を超えてしまうと戻れなくなる。

戻れないイコール、現場では死を意味する。

訓練の目的は、「勇敢と無謀」の境界線を見極めるため、と言っても良い。

遭難者の救助も訓練の大きな目的だが、自分の安全を確保する訓練の方が比率が高い。

わたしが辞める時点で、特殊救難隊を含めて救難関係者の自慢は、そんな過酷な現場へ挑んでいるにもかかわらず、現場の作業で1人の殉職者を出していないことだった。

 

まとめ

この記事を投稿しようとして、潜水士の先輩の言葉を思い出した。

100回の訓練よりも1回の現場が潜水士を育てる。だが、1回の現場を経験するには、100回の訓練が必要だ。

Written by ✨️Change view point コーチ メタル


わたしも企画に参加しているPoints of You®のイベントを6月17日(日)名古屋でやります!
有資格者だけではなく、一般の方も参加OKです。

日本にPoints of You®を持ち込んだ張本人で今はイスラエルのPoints of You®本部に所属している、イケメンの市居さんをお呼びしています!
市居さんは、テロ対策や災害時にリーダーとなる人を育成する危機管理のプロ。
世界中を飛び回っています。以前、海上保安庁ともお仕事をしたことがあるとか。

 

あ!自分のワークショップの宣伝を忘れてた!

 

メタルのおすすめ関連記事

限定40名のPoints of You®イベントを6月17日名古屋で開催します

2018.04.22

何故人は人を助けようとするのか?

2018.04.24

起業して解った、お金を稼ぐには攻守のバランスが大事

2018.04.13
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

54歳で脱サラして新しい生き方を探しています。 4人家族に愛犬(柴犬)りゅう太1匹 Apple製品の使いこなしや、話題を追いかけたり、伊勢志摩でユーザーグループを主催して活動してます。
心理カウンセラー・コーチ