「どっちの自分が好きか」を判断基準にする

---広告---

選択

何か行動を起こすときに、いろんな判断基準があると思います。

やりたいか・やりたくないかできるか・できないか損か・得か良いか・悪いか正しいか・間違いか

わたしは、一貫して「できるか・できないか」を判断基準にするより、「やりたいか・やりたくないか」をオススメしてきましたが、最近こういう判断基準もあるよな。

というのに気が付きました。

それが、タイトルにも書いた「どっちの自分が好きか」です。

 

【広告】

例えば、何かを決めるとき、Aを選んだ自分が好きか、Bを選んだ自分が好きか?という選択です。

また、何かを始めたいけど、自信がない、できるかどうかわからないから始められない、またはやった方が良いとは思うけど、一歩が踏み出せない時。

それを「やっている自分が好きか」、それとも「やらない自分が好きか」で決めるのです。

人間誰しも、やったことがない事を実行するのは、勇気が必要。

だから、尻込みしてしまいがち。

でも、この基準で物事を考え、「自分が好き」になる方を選び、いろんなことに挑戦してみるとドンドン「自分が好き」が積み重なります。

するとドンドン自己肯定感が上がっていって、いろんなところに好影響を与えるでしょう。

どっちの自分が好き?

迷ったときは、ぜひこの判断基準で、自分に問いかけてみてください。

Written by ✨️Change view point コーチ メタル

 

メタルのおすすめ関連記事

現状を受け入れる勇気

2018.06.21

決められないから動けない...

2018.05.18
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

54歳で脱サラして新しい生き方を探しています。 4人家族に愛犬(柴犬)りゅう太1匹 Apple製品の使いこなしや、話題を追いかけたり、伊勢志摩でユーザーグループを主催して活動してます。
心理カウンセラー・コーチ