映画「日々是好日」に観た心の整え方

---広告---

日日是好日
樹木希林黒木華多部未華子が主演する日々是好日(にちにちこれこうじつ)が近くのイオンシネマで先行上映されていたので観てきました。

わたしは、全く茶道のことは知らないのですが、非常に日本的な作品で面白かったです。

 

【広告】

映画の中の気づき

映画の中の台詞が、いちいち深いんです。

予告動画の中にも出てきますが、

「頭で考えないで自分の手を信じなさい」

「始めに形を作っておいて、後から心が入るもの」

「五感を使って全身でその瞬間を味わう」

など、わたし的にはグッとくる言葉が多く登場しました。

この映画は、約20年に渡って主人公典子(のりこ)の人生を茶道を通して現した映画です。

平凡な女性の典子、淡々とした日常が描かれます。

なので、退屈といえば退屈かもしれません。

だけど、どんな人の人生にもドラマがあることが解ります。

そう、人は皆人生の主人公なんですね。

 

黒木華

主演を務めた黒木華の演技はやはり凄い。

こういう静かな映像の中でこそ生きる役者だなって思いました。

20歳からの20年間徐々に老けていくのですが、動きや仕草もキチンと歳をとっていく。

そして、わずかな表情の変化で魅せる演技力は、素晴らしいものがありました。

彼女の作品をAmazonプライムビデオで、作品を探して観たくなりました。

 

日々是好日とは

元々、中国の禅語から来ている言葉。

この言葉の解釈ですが、ウィキペディアによるといろいろあるようですが、わたし的にはこれが一番しっくりきました。

禅では、過ぎてしまったことにいつまでもこだわったり、まだ来ぬ明日に期待したりしません。
目前の現実が喜びであろうと、悲しみであろうと、ただ今、この一瞬を精一杯に生きる。
その一瞬一瞬の積み重ねが一日となれば、それは今までにない、素晴らしい一日となるはずです。

via: 日々是好日 | 禅語を味わう || 黄檗宗 少林山達磨寺

人間は、自分に都合の良いことがあると「今日は良い日」、都合が悪いことがあると「今日は日が悪い」などといいます。

だけど、良いも悪いも決めるのは自分の心。

別の見方をすれば、悪いと思っていたことも良いことになる。

その逆もあります。

だから、そんなこだわりを捨て「今ここを真剣に生きる」ことに注力すれば良い。

そんな教えだと思いました。

 

まとめ

茶道からきた一期一会という言葉がありますが、有名な茶人千利休が生きたのは戦国時代。

その日一緒にお茶を飲んだ人が、次にいつ会えるか解らない時代でした。

しかし、考えてみれば現代も同じ。

絶対に変わらないもの、確実なものこの世にありません。

毎年同じ事ができることが幸せ

そんな、故 樹木希林さんの台詞が心に沁みました。

ご冥福をお祈りいたします。


10月13日(土)公開

Written by ✨Change view point コーチ メタル

 

メタルのおすすめ関連記事

映画「未来のミライ」は時空を越えた家族の繋がりを映す

2018.08.13

心理カウンセラーが読み解く映画ビリギャル カウンセリング・コーチングの応用満載だった

2016.11.19
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

54歳で脱サラして新しい生き方を探しています。 4人家族に愛犬(柴犬)りゅう太1匹 Apple製品の使いこなしや、話題を追いかけたり、伊勢志摩でユーザーグループを主催して活動してます。
心理カウンセラー・コーチ