人生をロールプレイングゲームと捉えてみると…


自分を変えずに視点を変える✨Changing view point コーチのメタルです。

最近の関心事が、思考は現実化するとか、引き寄せの法則シンクロニシティなので、ちょっと変なこと言うかもしれませんが、その方面にご興味のある方は「なるほど!」と思って貰えると思います。

 

【広告】

今日、YouTubeで、こんな動画が気になって見ていました。

 

使命・天職

動画のコメント欄にも書いたんですが、彼女の言いたいことはこういうことなんじゃないかと思います。

人生には、ロールプレイングゲーム(以下、RPG)のように、あらかじめシナリオがあって、それに沿って人生が進んでいく。

それぞれのステージでは、レベルに応じた課題が出されて、それをクリアすると次のステージへ進む。

「コントロールできない」とは、そういう意味。

シナリオがあるといっても、何もしなくてもシナリオ通りに進むわけじゃなく、その課題をクリアできないと同じ課題が何度も繰り返し起こる。

そして、心の底から「これががやりたい」と思ったことがクリアへのシナリオ。

だから、その方向へ進んでいくとドンドン道が開けていく。

反対にその方向から逸れると上手く行かなかったり、失敗続きになってしまう。

元々、われわれにはこの世に生まれてきた使命があって、その使命を生きないとドンドン道を外れてしまう。

なんだか、そんな風に思うんですよね。

この使命ですが、英語ではCallingと言います。

Calling

直訳すると「呼び出し」。

誰から呼ばれるかというと「神様」なんだそうです。

神から呼ばれているから使命天職という意味になる。

その使命・天職を見つけ、世のため人のために尽くすのが、人生の目的なんでしょう。

 

エゴか愛か

Poyego  1 love


とはいっても、簡単に見つかるものじゃない。

簡単に見つかったら、ゲームは盛り上がらないですからね。

数々の大変なことが起きる。

これが、仏教では人生は「苦行」や「修行」っていうことです。多分。

でも、ゲームなので、前述のとおり必ずクリアできるようにできているんです。

この使命・天職を見つけるには、「心からやりたいこと」に沿って人生を歩むと書きましたが、これが見つからないのは人間には「エゴ」があるから。

例え、「心からやりたいこと」だと思っても、単なる欲望だったりします。

つまり、勘違いしちゃうんですよね。

そんな欲望を廃して、真のに基づいた行動をすると段々と見えてきます。

 

まとめ

最近、この道が開けるのを実感しています。

以前は、空回りばかりしていて、全くといって良いほど成果が出なかったり、またある程度成果が出たかな?と思っても、結局ダメで振り出しに戻ったり。

そんなことが続いていたんです。

現状は、まだまだ、クリアしているわけじゃないんですが、こっちかな?と思って進んでいくと上手く行くことが多くなりました。

怖くても、チャレンジしてみる。

そんな姿勢が大事なようです。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。
-マザー・テレサ-

Written by ✨Change view point コーチ メタル


 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!