CATEGORY コーチング

目標達成のための考え方などを発信しています

「どっちの自分が好きか」を判断基準にする

何か行動を起こすときに、いろんな判断基準があると思います。 やりたいか・やりたくないか、できるか・できないか、損か・得か、良いか・悪いか、正しいか・間違いか わたしは、一貫して「できるか・できないか」を判断基準にするより…

「今ここを真剣に生きる」をいただきました

▲お気に入りのスピーカーの上に飾ってある 先日のPOINTS OF YOU®ワークショップで、先月のイベントで出会った心と身体を整えるサポートをしている、千葉のメンタルコーチ&デトックストレーナーのみほちゃんと再会しまし…

POINTS OF YOU®とキャリアコンサルタント

昨日(6月28日)にPOINTS OF YOU®ワークショップを名古屋市伏見で開きました。 POINTS OF YOU®ワークショップを始めて、もう1年半近く経ちますが、こんなに感激して貰ったのも久しぶりです。 今回参加…

オシャレをするのは誰のため?

✨️Change view point コーチ メタルです。 さて、みなさんはもし、オシャレって誰のためにしますか? 自分を格好良く見せるためでしょうか? わたしも、男なので多くの女性にモテた…

Points of You®オリジナルワークを開発中

Points of You®トレーナー養成講座で、オリジナルワークを作る宿題が出ていました。 養成講座の中で参加者にやってもらい、その結果を踏まえてオリジナルワークを取りまとめてPoints of You®の本部へ送るの…

決められないから動けない…

この方のブログを読んでいて、(りえぽん)やっぱりそうだよな〜と思ったので、決断について書いてみる。 このブログに書いてあったのは、決断とは決めて、断つこと。 わたしが、35年間勤めた海上保安庁を辞める時もいろんな事を決め…

Points of You®3つの目的~Sense of Belongings~

昨日はPoints of You®の3つの目的のうちBreakPatternについてお伝えした。 今日は、3つ目。 Sense of Belongings いろんな訳があるが「所属感」とか、「一体感」と訳すとしっくる。 …

Points of You®3つの目的~Break Pattern~

昨日はPoints of You®の3つの目的のうちOpen Heartについてお伝えした。 今日は、その第2弾 Break Pattern。 まあ、そのまんま直訳するとパターンを壊すだ。 人間って、知らず知らずのうちに…

Points of You®3つの目的 ~Open Heart~

昨日、わたしがPoints of You®トレーナーになったのは、昨日の記事でお知らせしたとおり。 では、わたしが、この写真カードを使ったコーチングにどうしてこんなにハマったのか。 それについて、語るよ 覚悟して聴くよう…

Points of You®トレーナーになりました

先日からお伝えしていたとおり、コーチングゲームPoints of You®のトレーナー養成講座が終了しました。 んで、無事にトレーナーになりましたです。 一先ずご報告。  

質問:同情と共感における男女の違いはわかりますか?

男ばかりの世界にいると共感することもされることもほとんど無い。 こんなことを書くと、女性に非難を浴びそうだが、男はまず理屈で相手を理解しようとするのでそうなってしまう。 女性と気持ちのズレが生じるのはこのためだ。 &nb…

人と人との信頼を築くにはオープンハート

Points of You®の大事にしているものの中に Opne Heart(オープンハート) がある。 つまり、誰にでも心を開いて接するということ。 わたしも、人間関係がよくなる時は、このOpen Heartが自然にで…

Points of You®トレーナーになる日

昨日と今日、Points of You®トレーナー養成講座を受講していました。 来週土曜日にもう一日あるので「受講しています」という方が正確ですね。 この講座が終わって課題をこなし、合格できれば、Points of Yo…

嫌なことは避けても追いかけてくる

35年間勤めた海上保安庁時代。 2年経った今思い出してみると、ほんと好きなことしかやってこなかったと思う。 といえば、好き勝ってやってきたように聞こえるかもしれないが、ようは課題から逃げていただけだった。  

反面教師は両面教師になる罠

先日書いた否定命令の罠が、おかげさまで好評だったので第二弾。 「あの人を反面教師に…」などというが、これも否定命令と同じようにハマる危険性がある。  

否定命令の罠

心理学用語で「否定命令」というのがある。 人間は、イメージしたように行動してしてしまう生き物。 だから、否定形で命令しても、その否定された行動を取ってしまう。 例えば、よく学校で注意されたことがあるだろう。 「廊下を走る…

苦手な上司と付き合う方法はまず半歩近寄る

わたしがサラリーマン時代にうつになったり、胃が痛くなったりした原因に少なからず、上司との関係がある わたしの苦手なタイプはハッキリしていて、とにかく細かいところに注目する人。 報告書などを上げると、何度でも訂正が入る。 …

うつやパニック障害だけじゃないサラリーマン時代の病気

海上保安庁に務めていたサラリーマン時代にうつやパニック障害を患ったことが、心理学を学んでカウンセラーやコーチになる動機になった。 しかし、中高年から自分の道を歩きたい方のための再起動計画セミナーではお話ししたが、実はこれ…

Points of You®ワークショップ久々に開催します

会社帰りにサクッとPoints of You®コーチングゲームを楽しもうというワークショップを4月24日名古屋で開催します。 参考:会社帰りにサクッとPoints of You®コーチングゲームを楽しもう 時間は、18時…

「難しいね」は思考停止のサイン

NLP(神経言語プログラミング)の教室へ通っていたとき、私のクラスではこの言葉は禁止でした。 難しい、でも、だって、しかし、だけど、とはいってもなどの言葉は禁止でした。 授業中は、何があっても言ってはいけない言葉だったん…